〒177-0034 東京都練馬区富士見台4丁目13-5

MENU

虫歯・歯周病・歯内療法

Medical

Tooth decay虫歯

虫歯

『まだ痛くないので治療はしなくていい。』とか、『痛くないから虫歯はないと思っていた。』など、痛みを虫歯の判断基準にされている方います。
しかし、痛みがでてからだと、虫歯は進行した状況で、治療が大変になる可能性があります。治療回数が増えれば治療費も増えていき患者様の負担も増えていきます。稀に痛みがない状態のまま虫歯が進行し、歯が虫歯でボロボロになり抜歯になってしまうこともあります。

痛みを虫歯の判断基準とするのは危険です。定期検診に通いましょう。

虫歯の原因

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解します。これが虫歯の原因です。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作ります。

歯みがきをしていなかったり、甘いものをたくさん食べているのに虫歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

虫歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
キシリトールやフッ化物には、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去しましょう。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

虫歯の進行状況

初期の虫歯

C0初期の虫歯

エナメル質の表面が白くなることがあります。「脱灰」と言って表面のカルシウムやミネラルが酸によって溶け出し構造が壊れてきている状態です。
この状態の時であれば「再石灰化」することができます。再石灰化とは唾液に含まれるカルシウムやミネラルが歯を元の状態に戻す働きです。リン酸カルシウムの入った歯磨剤やペーストを使うことで健康な状態に戻すことを助けてくれます。
この時、歯を削って詰め物を詰める治療は必要ありません。

初期の虫歯

C1初期の虫歯

エナメル質に留まった虫歯です。この時点では虫歯は削りません。進行しないように、予防処置を行います。

歯の内部まで進行した虫歯

C2歯の内部まで進行した虫歯

象牙質まで虫歯が進行した状態です。削って詰め物を詰める治療は必要となります。冷たいものが凍みるなどの症状がでることがあります。

神経まで進行した虫歯

C3神経まで進行した虫歯

虫歯が神経にまで到達しており、強い痛みが出ることがあります。歯の神経を取る治療が必要となります。

歯の根(歯質)が失われた歯

C4歯の根(歯質)が失われた歯

虫歯が歯根にまで進行し、歯の保存が困難な状況です。ここまで虫歯が進行してしまうと、治療方法がないので抜歯になります。

齲蝕検知液
当院では虫歯を染める薬を使い、虫歯の取り残しがない様に細心の注意をはらっています。

Periodontal disease歯周病

歯周病

歯周病は、細菌が歯の周りの骨を溶かし、歯茎が下がる病気です。虫歯よりも歯を失う確率の高い病気ですが、初期には“自覚症状が無い”ため、どうしても発見が遅れがちになります。歯周病菌を減らすことで歯周病を改善し、歯をなるべく残す治療を提案します。歯周病の治療は、歯石取りをして菌を退治することが基本。症状によっては外科的処置を行なうこともあります。

ただし、歯茎の奥深く付いた歯周病菌を全て無くすには、相当の時間と根気が必要となります。いつまでも丈夫な歯を保つためには、歯科医院での定期健診と毎日のしっかりとした予防ケアが大切です。

歯周病の症状

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の進行

軽度歯周病

軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度歯周病

中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病

重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラークが歯周病の原因です。

プラークは歯の表面で形成され、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラーク(バイキンの塊)が炎症を引き起こすのです。

プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。
ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除くことができます。取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。
歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。
歯周病が進行すると、歯石は歯根の深いところにも付着します。

歯周病の治療

歯周組織検査

1.歯周組織検査

歯と歯茎の隙間の深さをプローブという器具で測る検査と、レントゲン撮影にて、歯茎と歯槽骨の状態を検査します。これによって歯周病の治療方針が決まります。

はみがき指導

2.はみがき指導

歯周病治療には、必要な指導になります。
まずプラーク(細菌)の染め出しを行います。プラークが付着していると歯肉炎の原因となります。現状のブラッシングでどこが磨けていないのか?よく理解した上で、正しい歯ブラシの選び方やブラッシング方法を学んでいきます。

スケーリング(歯石除去)

3.スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯磨きで取り除くことはできません。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

ルートプレーニング

4.ルートプレーニング

歯茎の中の歯根に付着した歯石を除去します。この時麻酔が必要となります。

フラップオペレーション

5.フラップオペレーション

歯周病が進行すると、歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深くなります。その様な場合、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、麻酔をし歯肉を開いて歯根を露出させ歯周病の原因となっている歯石を取り除きます。

メンテナンス

6.メンテナンス

治療が終わった後、継続して良い状態を維持するための処置のことを言います。
個人差はありますが、歯石は数ヵ月後に再付着します。
歯科医師のチェックと歯科衛生士による検査と専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。
進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヵ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。

Gum therapy歯内療法(根管治療)

根管治療には大きく分けて、抜髄治療感染根管治療があります。

抜髄治療

  • 神経にまでおよぶ大きな虫歯
  • 外傷(歯をぶつけた、歯が割れたなど)
  • 重度歯周病(深いポケット、骨吸収)

これらが原因で、神経が炎症を起こし強い痛みがある場合、歯の神経をとる治療が必要になります。

治療の流れ

1

麻酔

2

神経をとる
(抜髄)

3

消毒
(貼薬)

4

詰める
(根管充填)

5

レントゲン
写真撮影

6

被せ物

感染根管治療

  • 歯の神経が腐ってしまった
  • 既に治療した歯の歯根の先に病気がある

この時、強い痛みがでる場合とほとんど症状がでない場合がありますが、神経の治療が必要になります。

治療の流れ

1

被せ物、根充材の除去

2

消毒
(貼薬)

3

詰める
(根管充填)

4

レントゲン
写真撮影

5

被せ物

pagetop