〒177-0034 東京都練馬区富士見台4丁目13-5

MENU

入れ歯・インプラント

Medical

Prosthesis欠損補綴

治療方法
良い点
留意点
治療費用
治療方法 従来の治療方法ブリッジブリッジ
良い点
  • 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯を遜色のない審美的な修復が可能。
留意点
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
  • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の屍肉との間部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
治療費用
  • 保険適用材料を使用とする場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
治療方法従来の治療方法入れ歯入れ歯
良い点
  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。(削る替わりにバネで固定する場合もある。)
留意点
  • バネによる隣の歯への負担が大きい。
  • 噛む力が健康な状態に比べて30〜40%くらいになる。
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • すぐにがたつきやすい。
  • 口の中に違和感を感じやすい。
  • 食物が狭まって口の中が不衛生になりやすい。
治療費用
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
治療方法インプラントインプラント
良い点
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感なく噛むことができる。
  • 噛む力は天然歯の約80%回復することができるので、固いものを噛むことができるようになる。
  • 隣の歯を削る必要がない。
  • 見た目が天然歯に近い。
  • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。
留意点
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
治療費用
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となる。
  • 手術の難易度、埋入本数等による必要な費用が算定されます。

Denture入れ歯

入れ歯

歯を失った場合、その欠損部を補う方法として義歯(入れ歯)・ブリッジ・インプラント治療があります。その中でも、ご年配の方に最もポピュラーな治療法が入れ歯です。 良い入れ歯は、正確な診査と設計そして技工技術が大切です。
当院では、“痛くない入れ歯”“噛める入れ歯”を製作、皆様の快適な生活のためのお手伝いをします。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、修理可能で適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。
デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで、使用時に発音しにくいことや、食べ物の味を感じにくいなどの違和感が出てしまうことです。プラスチックの性質上割れたり壊れたりしやすくなります。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンはとても軽くて硬い金属です。体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。長期間の使用はできないことが欠点です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

pagetop